ファッションはレンタルできる時代に

クローゼットはもういらない!レンタルファッションのメリット

>

ファッションレンタルを利用する上での注意点

レンタルならではの注意点

ファッションレンタルを利用する上での注意したいことですが、やはり借り物ということです。
ですので紛失や汚損などは弁償の対象になってしまいます。
クリーニングで落とせる範囲なら大丈夫でしょうが、ハイブランド品を弁償になってしまったら大変です。
ですので弁償に関することは運営会社で違うと思いますので、しっかり確認しておきましょう。
ある運営会社では紛失や汚損時の弁償をしなくてもよいところもあります。

いきなり高額のプランを契約してしまいますと使いこなせないことが多いと言われていますので、定額のプランから試すと良いでしょう。
例えば一度にたくさんのファッション品が届いたが実際に使った物は数点だけだった場合などです。

レンタルは中古品が殆ど

注意したい点とは違って好みの問題になりますが、ファッションレンタル品の殆どは中古品です。
ですので古着などに抵抗のある方は利用するのには向かないかもしれません。
ですが、ある運営会社では新品のみをレンタルするプランがあります。
レンタルだから貸し出し品は全部中古になるはずなのですが、その運営会社は一度レンタルした商品は中古品として売ってしまうそうです。

スタイリストが選んでくれるプランでも少し注意するところがあり、自由に交換はできるのですが特定のアイテムを指定することが出来ないのが殆どで、好みが合わない場合があることです。
月額の価格も少し高めになっていますので、スタイリスト次第になってしまうことを頭に入れておきましょう。


このTOPICSをシェアする